スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去5年の球団別生え抜き選手

特に話もないんで普段どうなんだろうと考えてたことを調べてみようと思い立ちました。
過去5年のうち各球団でどれだけの生え抜きが昇格、定着しているかという視点で調べてみました。
ここでいう生えぬき選手の定義はドラフトでの獲得、IFAでの獲得
(NPBからの移籍はポスティングも含めて対象外。ただしマイナー契約の選手は除く)、
アマチュアFAでの獲得、または独立リーグから引き抜いて入団した選手
がそのまま他球団へ1度も移籍せず昇格した選手のことを指しますが
(ただしルール5ドラフトで他球団に一時的に移籍しても返却されれば対象内)
それ以外にも条件があって
野手の場合は2006~2010の5シーズンの間で規定打席に到達したことのある選手
(回数は不問。メインのポジションが捕手の選手のみ400打席到達でOK

投手の場合は2006~2010の間に
①シーズン25試合以上の先発登板
②シーズン先発リリーフ関わらず50試合以上の登板
③シーズン60IP以上のリリーフ登板
④シーズン150IP以上消化

のいずれかの条件を一つでもクリアした選手が対象。


生え抜きであっても2006より前に上の条件を達成したことのある選手は対象外です。
今回は過去5年と限定して調べてみました。
なお青文字は現在もその球団の40人枠に登録されている選手で
黒はすでにその球団の枠からはずれている選手。太字はオールスター出場経験のある選手です。


   先発野手リリーフ
TBJames Shields
Jeff Niemann
David Price
Wade Davis
B.J. Upton
Delmon Young
Evan Longoria
John Jaso
Brian Stokes
Andy Sonnanstine
10
NYYChien-Ming Wang
Phil Hughes
Melky Cabrera
Brett Gardner
Joba Chamberlain
Phil Coke
Alfredo Aceves
David Robertson
8
BOSJon Lester 
Clay Buchholz
Kevin Youkilis  
Dustin Pedroia  
Jacoby Ellsbury
Manny Delcarmen
Jonathan Papelbon  
Daniel Bard
8
TORShaun Marcum
Dustin McGowan
Jesse Litsch
Ricky Romero
Brett Cecil
Aaron Hill
Alexis Rios
Adam Lind
Casey Janssen
Brandon League
10
BALGarrett Olson
Brian Matusz
Nick Markakis
Matt Wieters
Chris Ray
Chris Britton
Jim Johnson
Jason Berken
8
MINNick Blackburn
Scott Baker
Kevin Slowey
Glen Perkins
Francisco Liriano
Brian Duensing
Michael Cuddyer
Jason Bartlett
Jason Kubel

Denard Span
Pat Neshek
Jose Mijares
12
CWS                  Alexei RamirezBrandon McCarthy
Boone Logan
3
DETJustin Verlander
Rick Porcello
Curtis Granderson
Brennan Boesch
Joel Zumaya
Fernando Rodney
Ryan Perry
7
CLEFausto CarmonaRyan GarkoFernando Cabrera
Jensen Lewis
Rafael Perez
Tony Sipp
6
KCLuke HochevarBilly Butler
Alex Gordon
Jimmy Gobble
Blake Wood
Dusty Hughes
6
TEXC.J. Wilson
Scott Feldman
Ian KinslerJoaquin Benoit4
OAKTrevor Cahill
Dallas Braden
Kurt Suzuki
Cliff Pennington
Santiago Casilla
Andrew Bailey
6
LAAErvin Santana
Jered Weaver
Joe Saunders
Casey Kotchman
Erick Aybar
Mike Napoli
Reggie Willits
Howie Kendrick
Kendry Morales
Chris Bootcheck
Jose Arredondo
Kevin Jepsen
12
SEAFelix Hernandez
Doug Fister
Jose Lopez
Yuniesky Betancourt
Rafael Soriano
Mark Lowe
George Sherrill
Eric O'Flaherty
Brandon Morrow
9
PHICole Hamels
Kyle Kendrick
J.A. Happ
Ryan Howard
Carlos Ruiz
Geoff Geary6
ATLChuck James
Tommy Hanson
Brian McCann
Adam LaRoche
Jeff Francoeur
Kelly Johnson
Yunel Escobar
Gregor Blanco
Martin Prado
Jason Heyward
Macay McBride
Blaine Boyer

Jonny Venters
13
FLAScott Olsen
Josh Johnson
Chris Volstad
Josh Willingham
Jeremy Hermida

Chris Coghlan
Gaby Sanchez
Randy Messenger
Taylor Tankersley
Hisanori Takahashi
10
NYMMike Pelfrey
Jonathon Niese
Dan Murphy
Ike Davis
Joe Smith
Bobby Parnell


6
WSNJohn LannanRyan Zimmerman
Ian Desmond
Jason Bergmann
Drew Storen
5
CINJohnny CuetoJoey Votto   
Drew Stubbs
Jay Bruce
Logan Ondrusek5
STLJaime GarciaSkip Schumaker
Colby Rasmus
Tyler Johnson
Kyle McClellan

Jason Motte
Mitchell Boggs
7
MILManny Parra
Yovani Gallardo
Prince Fielder
Rickie Weeks
Corey Hart
J.J. Hardy

Ryan Braun
Alcides Escobar
Mitch Stetter9
HOUWandy Rodriguez
Bud Norris
Hunter PenceChris Sampson4
CHCRich Hill
Randy Wells
 
Ronny Cedeno
Geovany Soto

Ryan Theriot

Starlin Castro
Carlos Marmol
Sean Marshall
Andrew Cashner
James Russell
10
PITZach Duke
Ian Snell
Paul Maholm
Tom Gorzelanny
Jose Castillo
Ronny Paulino
Nate McLouth
Ryan Doumit

Andrew McCutchen
Matt Capps
Sean Burnett
11
SFGMatt Cain
Tim Lincecum
Jonathan Sanchez
Fred Lewis
Pablo Sandoval

Buster Posey
Kevin Correia
Brad Hennessey

Brian Wilson

Sergio Romo
Jack Taschner
11
SDMat Latos
Wade LeBlanc
Adrian Gonzalez
Josh Barfield
Khalil Greene
Chase Headley
    6
COLUbaldo JimenezBrad Hawpe
Clint Barmes
Troy Tulowitzki
Chris Iannetta
Dexter Fowler
Manuel Corpas
Matt Daley
8
LADChad Billingsley
Clayton Kershaw
Russell Martin
James Loney
Matt Kemp
Jonathan Broxton
Hong-Chih Kuo
Cory Wade
Ramon Troncoso
Takashi Saito
10
ARIMicah Owings
Max Scherzer
Conor Jackson
Stephen Drew  
Mark Reynolds
Chris Snyder
Justin Upton
Miguel Montero
Brandon Medders
Tony Pena
Doug Slaten

Esmerling Vasquez
 
12

もし条件に合う選手で抜けている選手がいたら指摘していただけるとありがたいです。
こうしてみるとホワイトソックス・・・生え抜きがなかなか主力として出てこない。
野手唯一のアレクセイ・ラミレスは実質即戦力でマイナー経験もないし
もし生え抜きに入れなかった場合過去5年で先発と野手で上の条件を満たす選手が一人もいないことになる。
その割にはそれなりに勝てているのだけど。
生え抜き視点だと同地区のライバルのMINとは対照的ですね。
育つ前に他球団に出してしまっている例もたくさんある。
TEXも条件を満たす生え抜き自体は多くもなくトレードやFAで取ってきた選手が結構活躍してる。
条件をまだ満たしていないそれなりに活躍している生え抜き投手は何人かいる。


レッドソックスの属するアリーグ東は近年生え抜き先発投手の台頭が全体的に目立ちます。
特にレイズはこの投手に厳しい地区で毎年のように戦力になる先発が出てきててしかも
一過性のものでなくMLBにしっかり定着している選手が多いのはすごい。
レイズはこうしてみるとほとんどリリーフには生え抜きいないんですよね。
ソナンスタインも
もともとは先発でさらなる有望株に席を空けるためにリリーフに押し出されたような感じだし。
TORもいい先発や野手が多く出てきてはいる。怪我や極度の不振があったりやや一貫性に欠ける感じは
するけど他の地区に行ってればプレーオフに行けたシーズンもいくらかあるような。
レッドソックスは数自体そんなに多くもないけどオールスター経験者は
全チーム中で一番多くて定着率も高め。トレードはHラミレスが驚異的に
伸びたのは惜しくもあるけどベケット、ローウェルが大きな活躍をして07を取ったし
全体で言えば生え抜きの登用とトレードでの獲得ではうまくやっていてそのかわりやや
FAでの契約の方が不発気味。
NYYはFAで潤沢な資金を使う一方コア4のぺティット(一時期アストロズへ移籍)、
リベラ、ジーター、ポサダがここまで現役で
パフォーマンスを保っているというのはやはり驚異的といえるけど次世代の核は2005にカノーが出てきた以降
はヒューズが伸びてきたくらいか。
LAA、ATL、MINあたりは生え抜きの活躍の数の多さが目立ちます。
MINあたりは一番の主力のマウアーやモーノーも生え抜きだから先発と野手の多くは自前で
なんとかできてしまっていて定着率も高く平均年齢も若く生え抜きマニアには理想的なチーム。
MILは野手のオールスター級が多くでている。ARIも野手は結構育ってるけど先発が定着しなかったり
出してしまったり・・・。シャ―ザー(DET)や今年ブレイクのカルロス・ゴンザレス(COL)やエース格の
活躍が期待できるブレット・アンダーソンあたりがそのまま残ってればもっといいチームが
できていたかもしれない。PITは2006あたりは結構若手先発が出現しかけたのだけどなかなか定着できず。
COLもコンスタントに生え抜きが出てきている印象で少し前に遡ると
ホリデーやアトキンス、ホウプの野手陣やクック、フランシスの先発も出てきている。
SEAはサイヤングを獲得したヘルナンデス以外は条件をクリアした生え抜きがとうとうチームから
いなくなってしまった。
  ※Doug Fisterがいました。12/29に追加。
チュ・シンス、Aカブレラ(CLE)やアダム・ジョーンズ(BAL)、ソーントン(CWS)、ソリアーノ(FA)など
元生え抜きで他チームで主力に
なっているのはファンからすれば苦々しいところかもしれない。
SFGはバンガーナー含めた生え抜き4人の先発+クローザーのウィルソンが強烈。
LAAもオールスターに選出されるような先発投手がよく出てきますね・・・。野手はオールスター級
はいないけど内野全員が生え抜きって言う時期もあったし今年は低迷したけどここ数年
の好調は生え抜きの躍進のおかげといえるでしょうね。以前のチームの核の
ラッキー、シールズ、K-RODの3人も生え抜きだし。

レッドソックスの場合大物プロスペクトを他球団にトレードで出す機会はあっても取ってくる機会自体が
かなり少ないから現在内部にいるIFラウリー、OFケイリッシュ、SSイグレシアスには
スターとまで行かなくてもソリッドなレギュラークラス以上になれるように期待しています。
現在育った生え抜きの年俸もだいぶ
上がってきて大型契約での獲得も増えてきて
ペイロールもだいぶ膨らんでるから今後は新たな先発、野手の生え抜きが主力級に育つことに期待したいところ。



コメントの投稿

非公開コメント

こう見ると

結構印象と違いますね~。まぁ足切りラインをちょっといじればまた見た感じも違うんでしょうけど。

ATLはやっぱり多いですねぇ(Chris Medlenは対象外?)。ARIなんかも結構野手出してるなぁ。COLとかも結構出してる印象あったけど、人数は意外と...

TEXは少ないですね。Tommy HunterやMitch Morelandって対象外ですか?TeagardenもIP足りないのかな(ちゃんと調べてないので適当ですが)?AndrusやFelizは生え抜きじゃないですしね~。でも育てたのはTEXだしこの辺は定義が難しいですね。

個人的には生え抜きっていうとMILのイメージですね。Casey McGeeとかも入るんじゃなかったですっけ?野手がほとんど生え抜きだったり凄いですよね~。

ララさん

こんばんわー。
とりあえず生え抜きにこだわる!
ということで今回は他所から移籍した選手
は全て対象外にしております。
おっしゃる通り線引きでかなり変わってきますね。
ちょっと登板数や試合数が少ないけど成績がいい選手なんかには厳しめかもしれませんね。逆に成績悪くてもチーム事情で
他にいなくて出ていた選手なんかには有利かな。
実はリリアーノみたいな怪我が多い選手なんかも上の条件では今年が初めての達成だったりします。
メドレンは残念ながら上の条件はまだ満たしていません。
COLあたりは半端な打席数の野手が他にも結構いますよね。
打席数をもっと少なめに設定すれば
スチュワートやスピルボーズ、セス・スミスなんかの実力者も
入るはずなのでちょっとその変は損してるかも。
TEXのハンターなんかは成績自体はいいのだけどやはり試合数
ではずれちゃってますね。モアランドは今年180打席弱程度だから
うまく行けば来年ですかね。ティーガーデンも最高でも200打席ちょっとだからまだまだですね。
マギーは自分も生え抜きかなと思ってたけど03にカブスにドラフトされた後08年にウェーバーで拾われてるんですよね。
いやーウェーバーで捨てた選手が他球団に
拾われて主力で活躍となったら笑えませんな・・・

数字だけみると

甘いラインかと思いましたけど、意外とちゃんと主力にならないと達成できないラインなんですね。お見事です(^-^)McGeeは結構年食っている印象だったけど、CHCからなんですね。

ウチが捨てた選手でっていうと、やっぱり一番に浮かぶのはCraig Breslowですかね。ウェーバー通るかかけたみたいだから、いらないって捨てた訳じゃないんだけど。なんでJavier Lopezを取ったかなぁ(--;)

あとはこれも捨てじゃないけど、結果的には捨てたも同然のDavid Murphyですかね。ガニエ様はサプリメンタルで、Bryan Priceだからちょっと損ですかね。でも彼見てると、KalishなんかもProspectとしては評価低かったけど、数年後にはいいレギュラーになってるかもですね。

BOSからと言えば、阪神で200安打した、Matt MurtonもBOSから色んなとこを渡り歩いて開花しましたよね。悔しいのもあるけど、なんやかんやで卒業生の活躍は嬉しいです(^-^)

ララさん

調べること自体はちょっとした時間見つけてやれば
たいした労力でもないのだけど
ライン引きを設定するのは結構悩みました。
特に投手の場合先発リリーフ両方やってる場合が結構あるんですよね。その線引きがなかなか決まらなくって。
長くやってても条件に到達するのが1年だけの選手もいますし
出場試合や打席数イニング以外に数字も考慮しようとも考えたんだけど、まぁだいたいの場合は数字が悪ければ条件に到達することがあまりないと言うのもあるので今回は数字の良し悪しは考慮しませんでした。
より選手の質を考慮するならばもう少し細かく成績や数字考慮したり
上の条件でも達成回数とか考慮して
分けてもいいかなとも思ったんだけど面倒になってしまって
オールスターだけでいいかwって感じで。

トレードやウェーバーに関する後悔と満足はかならずどのチームにもあるものですよね。
たいていの場合は結果論って言う部分も多くあるのでしょうけど。
マーフィーはガニエを考えると惜しかったなあと思うけど
一緒にだしたベルトレが今後どうなるかなあと言う感じですね。
ひょっとしたらグレインキーのトレードでMILに持ってかれるかなとも
思ったんだけど。もし今後レギュラーで活躍ともなればボロカストレードの一つに数えられるかもしれませんね。
ブレスロウも今の成長ぶり考えるとちょっと惜しかったですね。
ちょっと前だとMLBで実績のない若手のトレードだと
HOUでスーパースターになったジェフ・バグウェルなんかのトレードは今でもファンの間でワーストトレードとして語り草になってますよね。逆の意味でテックとデレク・ロウをSEAから頂いたトレードも
良く出てくる話で最高のトレードという扱いになってますよね。

なんとなく他所で生え抜きに成功されるのは悔しい半面
うれしい気持ちも出てくるし複雑ですね。
自分なんかは現在ナーヴァはクロフォードの入った
レッドソックスにいてもノーチャンス
だから早く出してやってくれとか普通に思ってますけどw
たぶん移籍先で大活躍してもレッドソックスでは出場機会すらめったにないだろうから
悔しがらないと思います。
マートンいきなり記録樹立はすごかったですね。
フォッサムは残念でしたが・・・。

お久しぶりです

これ見るとBOSはそれほど悪くないですね~。。
いかにトレードで(活躍できない選手)成功&育成とドラフト指名選択によって各チームの特色みたいなものは出てるかな~。。。
LAA、TB、MINは想像通りで生え抜き選手をうまく使ってる感じがします。
ATLは育成上手(ドラフト上手)な感じだと思う。。

ダメなのがPITやWSNはドラフトで上位指名できてるのにここ最近はあまりにもスター選手が出てきてない印象がありますねw
しかしCWSの3人っていうのはさみしいですねw

BOSの大きなトレードの失敗被害はないような気がします。。最近ではガニエくらいかw
しかもBOSから他のチームに移籍した選手もわりと今の所活躍してない印象です、私は元BOSの生え抜き選手もわりと応援してるんだけどw

トレードや生え抜きの育成&ドラフトなんかは結構重要だというのがあらためてわかりましたw

BOSはプロスペクトを見るとだいぶ貧しくなりましたねw
ペイロールがふくらんでる今どこまで育てるか重要ですね。。

ゴーベケさん

BOSは結構いいんじゃないですかね。
そういった選手を割安な契約でうまく囲い込んでもいるし。

TBやMINあたりはうまいですよね。
TBなんかはブルペンに有望な生え抜き投手使わなくてもなんとかしちゃうもんね。BOSよりもそのあたりは極端な感じはしますね。
BOSはリリーフのやりくりが今一つ下手なのかなと思います。
オカジは思いのほかうまく嵌ったけど
リリーフに関しちゃしっかり実績ある投手取ってこないとなんとかできないしマイナー契約やウェーバーや故障した選手なんかをダメ元で取ってきたりしても最近じゃまずBOSで開花することないですね。
まあそれよりも気になるのはFAやポスティングの不発具合でしょうけど。トレードは最近はガニエはあったけどそれ以外だとしっかり成果は出しててそんなに大きな打撃になるような失敗はあんまりないですよね。
元BOS生え抜きだと
Hラミレスは超ド級の働きだけどアニバル・サンチェスは怪我がなきゃボチボチ。
ショパックなんかもCLEで一時期すごい打ってた時あったし
メレディスなんかももったいなかったけどSDで一定の活躍したし。
モスとかハンセンとかはちょっと残念ですけどね。
CWSは生え抜きはいまいちだけど
他から取ってきた選手が結構活躍してますよね。
若い選手だとダンクスとかフロイドとかクエンティンとか。リオスあたりも思い切ったことするなあと思ったけど今のところしっかり復活してるしね。結果オーライなところもあるだろうけどw PITはなんとか沼から抜け出したいところですけどねー・・・。
やっぱり投手含めたディフェンスがなかなか安定しないですよね。
ATLは最近は生え抜きは先発より野手のほうが目立ってたけど
今後はバシバシ投手が出てきそうですね。うらやましいっす。

BOSは今後はしっかり育ってくれないと厳しいですよね。
とりあえず野手はなんとかなりそうだけど
なんといっても投手でしょう。松坂なんかもあと2年もつかどうかわからんしFAでは中途半端な投手に長い契約したくもないし
トレードで使える駒も今は少ないし。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。