スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/22

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_21_bosmlb_phimlb_1
レスター vs ハラデー。 オープン戦とはいえレスターに勝って欲しかったですけど
残念ながら6イニング目にレスターがコントロールを大きく乱して惜敗。5回までは
すごく面白い投げ合いだったのだけどさすがにハラデーは大きく崩れなかったです。
レスターもまだ速球のスピードはまだそんなに出てるわけでもないけど総合的には
だいぶ仕上がってる感じだしやっぱり年々高いレベルで引き出しが増えて行っている感じです。
07あたりはフォーシームとスライダー、大きなカーブのコンビネーション
がメインの投手って感じだったけど今はもう全然違いますね。MLB上がってからの成長が素晴らしい。
まだ突然ストライクが入らなくなってそれが続いてしまう
危うさはあるのですけどあらためていい投手になってきたなあと。今年も頼りにしてます。
で打線は?ハラデーなんで・・そう簡単には・・・・

リリーフではアルバースが良かったです。今日のパフォーマンスでさらに株が上がったことでしょう。
もともとハードシンカーの質自体には定評がありますが
カッターやブレイキングボールでもカウントが取れるようになってきてます。
レイエスとアルバース、ジェンクスと加わったらどれだけの重量になるんだろ?


Felix Doubrontが予定通りsimulated gameで打者相手に30球の投球。
ST終わる前に試合で投げられそうです。
パぺルボンとバードもマイナーのゲームで投げてますがどちらもいまいち。
パぺルボンは動画も出てたけど2四球とやはりコントロールに苦しんでるみたいですねー。

Aゴンの代理人がGMに会いにキャンプ地に来てるらしいです。
いよいよ開幕後の契約延長発表に向けての最終調整でしょうかね。

3/21

OF Nava ,RHP Fox、C Wagnerがマイナーキャンプへ。

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_20_slnmlb_bosmlb_1
サルティ以外は野手レギュラー勢ぞろい。

松坂が良かったです。
速球に力があって序盤かなり空振り取ってたし打者が力負けしてるところも数多く。
プホルズを意識的に速球だけで攻めまくってましたが最後抑えられたら完璧でした。
残念ながらコントロールがつかず四球でしたが。
これまで登板と登板の間の調整でサイドセッションと遠投を同じ日にやってたらしいけど
ヤングコーチの提案で今は別々の日にやるようにしてるみたいですね。
ミラーは左相手に走者を背負っての実戦的登板。いきなり四球とコントロールの悪さを露呈したけど
全体では取られた点ほどは悪くもなかったです。
打たれたヒットは全て単打でほとんどがラッキーヒットだし。速球スライダーもう少しコントロール付けば
リリーフとしちゃいいと思うけど・・・。とりあえずは開幕マイナーで備えることにはなるでしょう。
アッチソンは厳しい対戦打者とシチュエーションでの登板と言うのもあるけどやや打ちこまれました。
レイエスは無難、ヒルはかなり荒れてたけどなんとか抑え切った。
打線は沈黙でした。


明日はハラデーとレスターのエース対決。



3/20

1221675036_BhPCp-S.jpg
  昨年のドラ1s Anthony Ranaudoのマイナーキャンプでの姿



http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_19_bosmlb_pitmlb_1

Beckett先発。今STはチェンジアップに力を入れているらしく使用することが多いけど
もともとの武器である速球、カーブともいまひとつ。
今STはいろいろ調整することが多いみたいでまだしっくりきてる感じではなさそう。
少なくてもベケットの生命線の速球カーブは今日は威力を感じず。相手投手に2度簡単に速球を
打ち返されてましたしカーブも結構大きく抜けてたり、追いこんでからでも簡単に見逃されたり。
守備にも足を大きく引っ張られたけどやっぱりランナー背負うとちょっと怖い感じは残ります。
課題のチェンジアップはいい感じになってきてるんですけどね。
アセベスは3回3安打1被弾2三振1四球。全体的にコントロール自体はやっぱりいい投手ですね。

打線はペドロイアは打つ方はもう大丈夫そうですね。全然制限を感じません。
ユークが怪我から復帰後STでずっとパワー見せてないのでそろそろ安心するために大きいのもみたいところ。
UTのSutton、Spearsも打撃はいい感じでした。スクータロもしっかり打ててます。

★昨秋レッドソックスは契約期間中のファレルコーチをTORの監督にするための面談を許すのと引き換えに
TORに対しレッドソックスのルール5ドラフトの対象者を取らないという約束を
口頭で取り付けていたらしいのですがレイズが
Ceser Cabral(12月にルール5ドラフトででレッドソックスから獲得した)
を今年3月初めにウェーバーにかけた時にブルージェイズがクレームした
と言う話が出ていました。結局ブルージェイズはクレームを取り消して(とり消されて?)
Cabralはレイズに再クレームされて現在もレイズのSTに留まっているとのこと。
Cabralは結構他球団からの評価は高いんですね。どうでもいいけど早く返してくれないかな。
そのCabralは今のところレイズのSTでは残念ながら成績自体は残してますね。

★打順に関してフランコーナ監督の話では大半のゲームではエルスベリーがリードオフ、ペドロイアが2番
クロフォードが3番でユークとゴンザレスのどちらかが4番か5番という構想とのこと。
そろそろ本番モードなのでレギュラー全選手が揃ったラインナップが見られることでしょう。
ESPNに打順だけ掲載されてましたが
FANGRAPHSなんかに出てるセイバーメトリシャンDave Cameronが2011のレッドソックスの個人成績の
プロジェクションの一つを元に試みた最も得点効率の良い打順は

1 J.D. Drew
2 Kevin Youkilis
3 David Ortiz
4 Adrian Gonzalez
5 Dustin Pedroia
6 Carl Crawford
7 Marco Scutaro
8 Jacoby Ellsbury
9 Jarrod Saltalamacchia

へ~



【MLB】チーム内に広がる支援の輪。レッドソックスからのメッセージ

Final split squad

ST最後の1日2試合。だんだん佳境に入ってきましたね。

VS DET
http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_18_detmlb_bosmlb_1
ペドロイアがオープン戦第一号のHR。ケイリッシュがマルチ+四球くらいで後は打線はいいとこなし。
オカジがチェンジアップで被弾。レイエスは無失点。
ボウデンは2イニングで自責点0で成績自体はだいぶ上がってきてますね。
見られないのが残念。


VS TB
http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_18_bosmlb_tbamlb_1
こちらは試合見ました。相手は先発のソナンスタイン以外完全に主力中心
で力の差があったとはいえあんまりいいところがなかったです。
投手はあんまりいい内容ではなかった。ウェイクが4被弾、他もいまいち。アルバースが及第点くらい。
ラウリーが4三振,ナーヴァが3三振。ジャコビーだけは相変わらず好調維持。
外野プロスペクトのハッサンがいい送球を見せて本塁で刺してます。
ドリューはいい感じで打ってました。
レイズのリリーフ、ホゼ・クルーズがもう投げてるんですね。勢いのあるボールを投げてましたし
ぺラルタは低めへのコマンドがよかったです。

★肘を痛めてSTでまだ試合で投げていないFelix Doubrontが野手の打撃練習で25球。
痛みはないそうです。次はsimulated gameで投げるそうです。

★監督はバリテックの起用方について
普通のバックアップ捕手より出場機会が増えるけど特定の投手と組ませるより
相手投手の左右によってサルティとプラトーン的に使うことを考えているとのこと。
2人ともスイッチヒッターですがテックは右打席に強みがあり、サルティは逆。


成績内容的に大丈夫なのかと言う選手がいるのは毎年STでは当たり前でちょっと悪くても
すぐメディアの餌食にされてしまうものですが
とりあえずここまでは主力は健康を維持していると言っていいんじゃないでしょうか。
開幕が待ち遠しい。

3/16

STも半ばまで来ましてマイナーの選手がカットされてきてます。
Stolmy Pimentel 、 Oscar Tejeda 、Tony Pena Jr、Jason Rice, Clevelan Santeliz, Kyle Weiland, Alex Wilson, Tim Federowicz , Ryan Lavarnway, Brent Dlugach, Hector Luna, Che-Hsuan Linが
マイナーへ。この中だと投手が全体的に不調でしたけど 野手のTejedaやLavarnway、Federowiczなんかは
好調で個人的にはTejedaはかなり印象に残りました。打撃に関してはかなりパワーもありますし
まだかなり伸びしろがあるんじゃないかな。


それぞれの選手のここまでの打順の回数
名前 / 打順1番2番3番4番5番6番
エルスベリー10-----
ペドロイア-91---
クロフォード-37---
ユーキリス---10--
ゴンザレス--1-1-


主力組ではエルスベリーが好調。
ここまで全試合リードオフで出場、
ペドロイアも調子をだいぶ上げてきましたがここまではほとんど2番でスタメン出場。
この二人の1.2番はここまでの起用見てると堅そうです。
その二人がスタメン出場の時、クロフォードが一緒に出場する時は3番と言う感じ。
ユーキリスはここまで全試合4番3Bで出場ですね。
Aゴンはここまで2試合しか出てないので中軸の形は
まだはっきり見えてこないけど1,2番はほぼ確定で3~5のうちで若干変化があるくらいかな?
と言う感じです。
ラウリーはここまでポジションに関しては1B/2B/3B/SSほぼ満遍なく守っていて
スクータロは全試合先発SS。
ユークは全試合3BでAゴンが出てなかったけど1Bでの出場はまだありません。
ここまで完全にラウリーが1Bの控えも兼ねると言う感じの使い方になってますね。
キャメロンも途中離脱はあったけどCF/RFと言う感じの使い方。
ほぼここまでの守備の陣容は監督が以前言った通りの使い方になっています。

リリーフ争いはかなり熾烈ですね。ここまで最高にいいのがアルバース。懸念されている四球が1つもなく
7イニングちょっとで三振8つ。アッチソンがやや良くないのもあるしアッチソンやアセベスは
マイナーオプションも残ってるということで
このままいけば25人に残りそう。合流の遅れた左のレイエスも良くオカジも最初の試合でかなり
打ちこまれたもののその後は 好投している。左のミラーは球威がかなり戻ってて印象的な登板が多く
ヒルもサイドスロー変更後順調に内容結果を残しています。アセベスも含めて
開幕MLBには残らなそうだけどデプスになりそうな選手が
頑張っているのは投手のプロスペクトがいまいちな中で頼もしいです。

あと監督の話では開幕投手はレスターとのことです。すでにOfficialになってます。
妥当ですね。

3/9

3/9 split-squadで2試合。動画なし。
http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_08_houmlb_bosmlb_1
http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_08_bosmlb_slnmlb_1

先発プロスペクトのStolmy Pimentelは2試合連続炎上。
リリーフのRiceも派手に荒れてますね・・・。
ちょっとここまで自前の投手プロスペクトがよくないですね。
打つ方は中南米出身の選手中心に頑張ってるんですけど。
捕手プロスペクトのRyan LavarnwayがHR放ってます。
主力ではジャコビーがリードオフで2ベース含む3安打、左投手&Yadier Molinaから盗塁決めてますね。
もう片方の試合ではリードオフでKalishが出場して3安打、サルティもマルチヒット+BB。
ベケットは復帰登板でしたけどカーブがかなりよかったみたいです。3.2イニングで三振4つ。
頭部にボールが当たった影響なさそうですね。
以前のフォームより投げる時のストライドの幅を狭くしてるみたいです。
バードも今日は無四球2三振と一安心。パぺルボンも無失点1三振。
主力の投手組が出た方の試合は投手はよい。ほとんどノーマークだったけど
今オフ一度DFAにして40人枠外したMatt Foxも3者連続三振でここまでSTで4イニング7三振と
期待を持たせるSTを過ごしています。

3/10
http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_09_balmlb_bosmlb_1
バックホルツ。4回無失点3三振。悪くなかったけど相手はほとんど控えとプロスペクトメインの割に
安打以外にも速球は結構いい当たり打たれてたし課題のカーブのコントロールもいま一つ。
打つ方ではドリューがいいHR放ってます。
アッチソンとジェンクスは完璧。ジェンクスのカーブは最高にいいですね。
さすがに他球団から先発としてオファー受けただけのことはある。
プロスペクトではラバーンウェイが昨日に続いてヒットを打ってます。
大きいしやっぱりパワーも評判通りありそう。
IFプロスペクトのナバーロが左手首にデッドボールをくらう・・・・
骨に異常はなく打撲。

★キャメロンが膝を少し痛めてここ2.3日休養中。明日はDHで出場予定。
 STでは非常に動きもいいらしくレッドソックスの外野のデプスが厚いと言うのもあって
 まだ他球団からも目をつけられてるみたいですね。
 以前はプロスペクトのブラウンが骨折したフィリーズがベストだとか書かれてましたけど。
 レッドソックスは話は聞いてるけどよほど魅力的な見返りでないとまとまらないだろうと言う話。

★Aゴンは来週には試合に出られるかもしれない。

★調停前の40人ロスターの選手との一年契約更新
Daniel Bard - $505,000
Michael Bowden - $417,500
Clay Buchholz – $555,000
Felix Doubront – $417,000
Stolmy Pimentel – $414,000

CATCHERS
Luis Exposito – $414,000
Mark Wagner – $414,000

INFIELDERS

Lars Anderson – $415,000
Jed Lowrie – $450,000
Yamaico Navarro $416,000
Oscar Tejeda – $414,000

OUTFIELDERS
Ryan Kalish – $417,000
Darnell McDonald – $470,000
Daniel Nava – $417,500
Josh Reddick – $417,500

MLB最低年俸は$414000

一般人に比べたら全然大きいんだろうけど
みんないつかはどこかでビッグマネーを掴めるよう頑張って欲しいっす。
バックホルツ契約延長の話はまだちゃんとした交渉はしてないようです。
レスターの契約が基準になると言われてますけど個人的にはレスターと同じなら
早いところ結んで欲しいですけどね。シーズン始まってからすぐにでも。


http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?content_id=13166823
Aゴンのトレードでパドレスに行ったAnthony Rizzoのホームラン。すばらしい。

3/7

539w.jpg
                                    お久しぶりです^^ 今年はがんばって
                      
せっかく高画質で見られるMLBTVなのに以前の低性能PCで画質下げて試合見る羽目に。

mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp
主力はスクータロ、ラウリー以外全員休み。

Bowden・・・・・頑張って欲しい選手ではあるけど
        正直言うとちょっと厳しそう。コマンドが定まらなかったことより
        速球が球威がない割にはあまりに素直すぎる感じで
        簡単にとらえられてるのは昨年から同じで気になる。
        
        
Alex Wilson・・・・・・以前からずっと見たかった投手。前回の登板はかなり制球を乱したみたい。
           上から投げおろす感じで高いリリースポイントから
           最速95,6マイル(全体的に今日はガンが甘めに感じたので実際は2、3マイル程度低いかも)
           の威力のある速球と縦に落ちるタイプのスライダーとのコンビネーション
           が軸で投げるテンポがかなり速い。
           日本人投手で言うとタイプ的には大塚みたいな感じかな。
           速球はスピードはあるけどまだ素直な球筋でムーブはいま一つ。
           スライダーはなかなか落ちがよく今後リリーフとしてはなかなか楽しみな存在。

Miller・・・・・速球の球速自体はガンが甘めだとしても既にそれなりに戻ってるんじゃなかろうか。
        オカジが91マイル連発してた甘いガンではあるけど97~98マイル
        は表示していた。1イニング目にはストライクが先行せずかなり打ちこまれた。
        2イニング目はスラ―ブ主体でほぼ完ぺきな出来。ランナー背負うと球威がやや落ちるし
        コマンドには苦しみそうだけど
        今のところ常にストライクは取れないと言う状態ではなく今日も無四球。

ナーヴァが今日も打撃で活躍。プロスペクトと言うほど
若くないんだからMLBで使ってくれるところに早く出してやって欲しいのう。
ケイリッシュは4打席で2三振でタイミングが今一つあってない感じ。
2つの三振は外のきわどいところを見逃しストライクに取られたものでボール判定でもおかしくない程度のものだし
心配することもないかな。
Linaresは速球をホームラン打ったけど逃げてく変化球にやや弱くて選球眼はない。
対左に使うなら悪くなさそうですけど。
Reddick,FederowiczにもHR出てます。Larsはいまいち・・・やっぱりパワーでは
相手の超有望株のIke Davisとは大きな差を感じてしまうかな。
個人的には狙い絞って思いっきりライトスタンドへ引っ張るような強引な打撃も見てみたいのだけど。



主力組ではオカジが相手の主軸相手だったけど零封。三振は無かったけど変化球の
コントロールもよかったです。
ヒルはサイドスローになってて以前よりカーブの変化は少し小さめになったような感じだけど
左打者はばっちり抑えてました。
ラウリーは問題なしですね。いい打撃してます。今日は2BだったけどそろそろSSの守備が見たい。

★肘を少し痛めて投球をしていなかったFelix Doubrontがキャッチボールを再開。

★Aゴンが肩の手術後初めて実際の投手の球を打つ打撃練習開始。




           

3/6

今日は二つに分かれて試合。主力組はFLAと。

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2011_03_05_flomlb_bosmlb_1
先発は松坂。前回はスピードは出てたって監督も言ってたけど今回は
派手に燃えました。サルティの話じゃ
カッターとチェンジアップが主体で速球は5球程度しか投げなかったらしいですけど
カッター、チェンジアップどっちもいまいちかな。カッターは見た目の変化だと速球と判断つかない感じの
半速球みたいなのも結構あったし
チェンジアップはコマンドはよくなってた感じはしましたけどもっと腕しっかり振って
左打者から空振りやゴロたくさん取れるといいんですけどね。
松坂の場合特に左打者相手にはMLBではとにかくしっかり投げ切れてないので
チェンジアップは重要な球種になってくるんでしょうけど今日見た感じじゃいまいちかな。
スライダーもあんまり投げてなかったけど手痛いホームランを浴びてました。
ウェイクはとりあえずサルティが初めて受けましたけど捕球自体はまずまずでパスボールもなし。
大きな問題にはならないように思います。
ペドロイアは結構難しいあたりも捌いてていい守備練習にはなったでしょうけど
打撃は力の無い当たりばかりで本調子にはまだ遠いかなと言う感じですね。
パぺルボンはボチボチ。バードは2試合連続制球難。
速球がストライク入らないのはちょっといただけない。
ジェンクスはスロー調整の割にはほぼ完璧。カーブ、チェンジアップ、速球どれも良かったです。
ユニフォームがムチムチw
ナバーロが力強いホームラン打ってます。

もう一方のプロスペクト主体のBAL戦の方も見たかった。
今日もTejeda,Igresias どちらも打撃で結果を出しています。
投手ではアセベスが3回無失点、アッチソンがやや悪くて
、左のリリーフのレイエスがST初登板で無難に1イニング無失点、三振一つ。
クロフォードもヒットが出てますね。

レスターとドリューがインフルエンザにかかっているらしくてレスターは明日の登板回避するみたいです。
つまらない怪我や病気には気をつけてけろ。

ちょっとPCの調子が悪くてMLBの動画見てると画面が突然真っ黒になるんですよねー。
いろいろ試してみてるけど症状は改善せず
ひょっとしたら修理か初期化しなきゃならないかも・・・・。困ったもんだ。
MLB Trade Rumor
REDSOX RUMOR
Sox Prospects News
MLB Prospect Watch
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。